本日、ポストカードを20通出しました!

バースデーカードも5通!

これ、全部ポスクロ以外。

ポスクロの友人が「見て!」と送ってきたサイト、

病気のこどもにポストカードを送ろう、というサイトに

ショックすぎて言葉を失った。

(Send Kids The World)

そこに出てくるのは我が家の一番上の娘より小さい子どもたち。

すべて英語で、医学用語満載なので、単語を調べたら、

"John was diagnosed..."といった具合にこどもの名前で親の代筆らしき

紹介文がでてくる。(was diagnosed 診断された)

「うちの3人兄弟の末っ子なんですよ」とか

「うちのプリンセスよ」という

いつもの子ども自慢もあるのに、中身は全然違う。

chemotherapy 化学療法

Bone Marrow Transplant 骨髄移植

acute lymphoblastic leukemia (ALL) 白血病

cancer 癌

という単語の数々。

8歳で化学療法に耐え、髪の毛が抜けた少女や家まで14時間もかかる病院にいる赤ちゃん、

英単語も癌にも詳しくない私でも、「stage Ⅳ」(ステージ4)と聞くと、

手で頭を覆いたくなる。

"Get well soon!"(早く良くなって!)とかは書かないで、

シンプルに”Greetings from ...!"でいいんです、シンプルが一番!と書かれているので

たくさん子どもの好きそうなシールを貼って投函。

私の趣味でスイーツのシールが多いけれど、

diabetes(糖尿病)のこも多いので、そこはきっちり読んで避けた。

ポスクロ以上に無事に届き、ちょっとでも病気のことを忘れてくれたらいいなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村